2014 / 05
≪ 2014 / 04 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2014 / 06 ≫

気持ちの良いお天気が続いていますね。

4月からうちの娘も小学校に通うようになりました。
幼稚園から小学校、お友達も環境も様変わりし
新しい場所で頑張っています(かな?)

さて、当クラリネット教室もこの春から新しい生徒さんが
次々に加わり、私も頑張らねばならない毎日です。

教室のことは、ホームページをご覧になってお問い合わせいただく
ことが多いのですが、初めての相手に電話やメールで連絡するのって
とても勇気がいりますよね。私も実は緊張するのですが、
少しでも皆さんの緊張が解けるような、安心して教室に通っていただけるような
対応を心掛けたいと思っています!

どうぞお気軽にお問い合わせください。
http://hashimotoclarinet.web.fc2.com/

レッスン室の様子です。
最近、ピクチャーレールを取り付け、音響板をつるしています。(壁の紺色の板)
部屋の中で響き過ぎだった音が、まとまるようになり、なかなかいい感じであります。

レッスン室2  レッスン室1





スポンサーサイト

今年もG.W.は国際フォーラムで行われている「ラ・フォル・ジュルネ」に
行ってきました。

5月5日の夜は、小曽根真さんの「ガーシュイン×ガーシュイン」

ビックバンドno name housesと共に最高にかっこいいガーシュインを
聴きました。

照明の色を変えたり、タイミングよくソロにスポット当てたり
登場の仕方とかもオシャレ!何をしてもかっこいいです。

ちなみに私が好きな小曽根さんの仕草は、演奏を始める前に
奥様から昔プレゼントされたという、タグホイヤーを腕からはずし
ピアノの中に置く、あのお決まりの仕草です。
腕時計に見守れらいる、何かそんな感じでいつも演奏しているのでしょうか。
ステキです。

続いて、はしごして次のコンサートへ。

萩原麻未さんのラベルのコンチェルト。

冒頭のやわらかく繊細で美しいピアノの音に驚きました。
ラベルの音、フランスの音楽の表現が体から自然に湧き出てくるような
演奏でした。

このプログラム、かなり贅沢なもので
後半は、ルセロ・テナというスペインを代表するカスタネットの
おばちゃまとオケの共演もありました。
曲はヒメネスやファリアなど。

カスタネットのコンチェルトって初めて聴いたのですが
すごい!!!!の一言です。

カスタネットですよ、音階も歌もないはずなのですが
このルセロさまに操られると、
歌い、喋り、演じるのです。

演奏が終わった時には会場中スタンディングオベーションでした。

まだまだ知らないすごい世界があります。
カスタネットソロ、圧巻です。

あまりに感動したので、ルセロさまの動画を見てください。

~ルセロ・テナ~
 スペインを中心に活躍する世界的フラメンコ・カスタネット奏者。
 パッションと繊細さを併せ持つその驚異の超絶技巧と豊かな表現力で、クラシック界でも
 前代未聞のカスタネットソリストとして活躍。ロドリーゴ・トローバらは彼女のために
 作品を残し、ロストロポーヴィチ、バイエルン放送響、イスラエルフィル、ロンドンフィル
 等と共演。(※ラ・フォル・ジュルネ プログラムより抜粋)









13年間愛用していたクラリネットのシングルケースを買い替えました。

持った瞬間、思わず「軽っ!」と声を出すほどの
超軽量です。たった380gですよ。

こういう類のものは日本人が得意として作りそうなものですが
ビュッフェクランポン社のものです。



DSC_0391.jpgDSC_0392.jpg






yukocl

Author:yukocl
中央線・武蔵小金井駅徒歩6分の講師自宅にてレッスンをしております。

学生、社会人、主婦、退職後の方など幅広い年齢層に対応いたします。

クラリネットを通じてつながりませんか。

体験レッスンのお申し込み・各種お問い合わせは
下記メールアドレス・または下記ホームページより
お問い合わせください。

クラリネット講師 橋本 裕子

hashimotoclarinet.info@gmail.com

http://hsmtclarinet.main.jp