2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

アンサンブルマタン・第5回コンサートのお知らせです

今回のテーマは世界中の子供たちに愛される音楽物語
プロコフィエフ作曲の「ピーターとおおかみ」

朗読と歌で大田真帆さんをゲストにお迎えしてお送りいたします。
大田さん、大学時代の後輩でもあります!共演が楽しみです

そして今回のコンサート、プロジェクターを使ってピーターとおおかみのお話の映像を
映しながら私たちアンサンブルマタンの演奏をお楽しみいただけます

お話のイラストは小金井在住のイラストレーター、やまさき薫さんにお願いして
アンサンブルマタンのために描き下ろして頂きました

圧倒的楽しさ!!詳しい内容は下記ブログをご覧ください!

アンサンブルマタンのブログ

小金井・みんなでコンサートvol.5

「ピーターをおおかみ」

11月19日(日)
小金井宮地楽器ホール 小ホール

第1回公演 10時30分開演(10時開場)

第2回公演 13時開演(12時30分開場)

第3回公演 15時開演(14時30分開場)

チケット(前売り)1,000円 (当日券1,500円)
チケットのお取り扱いは、小金井宮地楽器ホール2F事務局窓口にて。

演奏:アンサンブルマタン  山口幸代(ピアノ)安川友美(ピアノ)
             亀田奈美子(フルート)橋本裕子(クラリネット)

ゲスト:歌・朗読  大田真帆


スポンサーサイト

立奏するときには、腹部から下「ひざ、足裏、つま先」を意識することで
音が良くなります。

とは言っても、楽譜を読みながら、指も動かして、さらに腹式呼吸もして、更に
膝や足の裏やつま先を意識するなんて・・・(汗)
というのが、実際のところです。

そこで、下半身を上手に使って演奏するために練習で使うのが写真の「バランスディスク」です。

体幹を鍛えるために使われるバランスディスクですが、
この上に乗って練習することにより、腹部より下を十分に使って演奏できるようになります。
桐朋学園大学の矢野教授に教わった方法です。

レッスンでも使用するのですが、効果てき面。
全身を無理なく使って吹くことになるので、響きのある音になります。

このバランスディスクは、管楽器、弦楽器奏者の立奏時だけでなく、ピアノの方も椅子に敷くことにより
上手に重心移動できるようになります。

バランスディスク20170905_091701 (1)

yukocl

Author:yukocl
中央線・武蔵小金井駅徒歩6分の講師自宅にてレッスンをしております。

学生、社会人、主婦、退職後の方など幅広い年齢層に対応いたします。

クラリネットを通じてつながりませんか。

体験レッスンのお申し込み・各種お問い合わせは
下記メールアドレス・または下記ホームページより
お問い合わせください。

クラリネット講師 橋本 裕子

hashimotoclarinet.info@gmail.com

http://hsmtclarinet.main.jp